Q,社員の採用時に身元保証人をとる意味は何なのか?

 

A,社員の責任により会社が損害を受けた場合に、その損害賠償の責任を本人と合わせて請求することが可能になり、会社としてはリスクヘッジとなります。

 

通常大企業では、社員の入社時に身元保証人を1名ないし、2名とっています。(最近は中小企業においてもとる会社が増えてきています)

この身元保証人とは、社員が横領等により会社に対して損害を与えてしまった場合に、その社員と連帯して会社に対して損害賠償の責任を負う人のことをいいます。

 身元保証人の弁償の限度額は決められていないので無制限と言って良いです。しかし、そうなると保証人に対する責任が大きくなりすぎてしまう為、身元保証人の責任が過重にならないように、法律で、以下のような点で身元保証人の責任を制限しています。

 

 1、身元保証契約の期間は原則3年であるが、期間を決める場合は最大5年

 2、社員の勤務内容等に変更があった場合は、会社は保証人へその内容を通知する義務がある

 3、2の場合、身元保証人は将来に向かって契約を解除することが可能

 

 もし、損害が発生した場合に請求を考えた場合には、身元保証契約書中の保証期間を確認し、期間内であれば相応の賠償を請求することは可能です。

そのため場合によっては、身元保証契約期間が満了した際に再度、身元保証契約の更新をすることも考えられます。

 

 ただし、損害賠償額については、裁判となった場合には

①賠償額の決定に際して労働者の監督に関しての使用者側の過失の有無

②身元保証人が保証をするに至った事由や払った注意の程度

③社員の任務や身上の変化等の一切の事情

などを考慮した上で、決定され保証期間内であっても損害を受けたその全額が保証されるわけではありません。

 

Copyright© 2012 志戸岡社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.