Q,定期健康診断の費用は会社が負担する義務があるか?

 

A,定期健康診断を実施することが義務である以上、その費用も会社が負担するべきものとなります。(ただし、これは努力義務)

 

定期健康診断は1年に1回定期に実施することが会社には義務付けられています。

会社は社員に対し健康診断を実施する義務がありますし、逆に社員はこの健康診断を受診する義務があります。

 

そこで、この社員に対する定期健康診断ですが、労働安全衛生法において“事業主は労働者に対し健康診断を行わなければならない”ことが規定されていますが健康診断実施に伴う費用の負担についてはどうなるのでしょうか?

 

 行政解釈によると“法で事業者に健康診断の実施の義務を課している以上、当然、事業者が負担すべきものである”とされています。

 「負担しなければならない」という義務ではないが「すべきものである」という努力義務となっています。

ただ、一般常識に照らして考えると定期健康診断の費用はほとんどの企業で会社が負担していることからも負担するべきものであると思われます。

 

考えてみましょう。

「うちの会社は社員のことを親身になって考えている会社です」

と経営者が社員に伝えていたとします。

しかし、健康診断すらやってもらえない。もしくはやったとしてもその診断費用が自腹だったら社員はどう感じるでしょうか?

 少なくとも私はそのような会社では働きたくありません。

最低限、必要なことはあります。その一つに健康診断も上げられます。

 

どちらにしろ、経費(損金)で落とせる費用です。

このことからも、定期診断費用は会社で負担し社員の健康管理をしっかり行うことが肝要です。

 

Copyright© 2012 志戸岡社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.