Q,社員が海外出張、海外派遣した時の労災保険はどうなるのか?

A,海外出張の場合は通常通り労災保険がカバーされますが、海外派遣の場合は適用外となるため注意が必要です。

 

近年、経済のグローバル化に伴い、企業の海外進出が盛んになり、大企業に限らず中小企業においても世界を相手に活動するようになってきています。

社員を海外へ出張・派遣する場合の労災保険の取り扱いはその渡航が出張になるのか派遣になるのかで以下の通り大きく違ってきます。

 

【 海外出張と海外派遣による取り扱いの違い 】

(1)海外出張の場合   労災保険は原則として日本国内法人に所属している場合に適用対象となります。そのため、現地調査・メンテナンス・商談等で短期に海外出張する際には特段の手続きをすることなく日本の労災保険の適用を受けることができます。

 

(2)海外派遣の場合   海外現地法人への出向や同一企業体での海外支店への転勤などの海外派遣の場合には原則として労災保険の適用外となります。この場合、派遣先の災害補償制度の対象となるわけですが、外国の法律の適用範囲や給付内容は十分ではない、もしくは一切の補償がない国も存在します。

 

そのため、海外派遣者についてはどうすればいいか?ですが、これには例外として、労災保険の「特別加入」と呼ばれる手続きを会社を管轄する労働基準監督署へ行うことで国内にいる社員と同様に労災保険の適用を受けることが可能となります。

 

ここで会社が悩むのは、この場合は海外出張なのか?海外派遣なのか?ということ。

これはあくまでも渡航する社員の就労実態により判断されることとなります。

現在は民間保険会社の保険も多数発売されていますので、保険の中身を吟味し、抜けがないよう最少の保険料で最適な保険をカバーすることが肝要となります。

 

Copyright© 2012 志戸岡社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.