Q,労災保険に未加入で事故が起きるとどうなるか?


A,従業員への補償は為されるものの、状況により事業主にはペナルティが発生します。

 

 法人でも個人でも、従業員を1人でも雇っている事業主は、労災保険の加入手続を行わなければなりませんが、故意・過失・認識不足等により手続きをしていない段階で労災事故が発生する場合があります。

 

もし、このような場合に、一切の補償がされないことになると従業員にとっては大変な不利益となってしまいます。

 そのため、労災保険未手続(未成立)の会社であっても、労災事故が発生した際には労働基準監督署へ労災保険の給付請求をすることができ、労災と認定されれば通常の場合と同じように保険給付を受けることができるようになっています。

 

「じゃあ事故が起きるまで、入らなくてもいいじゃん。」・・・ではもちろんありません。

 

 労災保険に未加入中の労災事故について保険給付がなされた場合には、国は事業主に対しペナルティとして遡って保険料を徴収する他に、労災保険から給付を受けた金額の100%又は40%を事業主から徴収することになります。

 

 40%になるか100%になるかは事業主の「故意」か「重過失」かによって決定されますが、その判断要素は次の通りとなっています。

 

1、故意として認定される場合

 労災保険の加入手続について行政機関から指導等を受けていたにもかかわらず、手続を行わない期間中に業務災害や通勤労災が発生した場合には、事業主が「故意」に手続を行わないものとして認定し、当該災害に関して支給された保険給付額の100%を徴収する。

 

2、重過失として認定される場合

 労災保険の加入手続について行政機関から指導等を受けていないものの、労災保険の適用事業となったときから1年を経過して、なお手続を行わない期間中に業務災害や通勤災害が発生した場合には、事業主が「重大な過失」により手続を行わないものと認定し、当該災害に関して支給された保険給付額の40%を徴収する。

 

 

あなたの会社ではきちんと労災保険に加入していますか?

たとえアルバイト1名だとしても、従業員を雇った場合にまず真っ先に加入するべき保険が労災保険なのです。

 

Copyright© 2012 志戸岡社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.