Q,社員が出張する時の移動時間は労働時間になるのか?

 

A,出張する時の移動時間が労働時間に当たるかどうかは、移動時間が会社の指示・命令の下に置かれているかどうかで決められます。よって、自由な行動が許されていれば基本的には労働時間とはなりません。

 

 通常、出張時の移動中は新聞や雑誌を読んだり、仮眠をとったり飲食をしたりと基本的に自由な時間と言えますので、会社からの指揮命令からは開放されている状態となります。よって、基本的には労働時間にはカウントされません。

 これは、出張時の移動時間が通勤時間と同じように考えられる、もしくは移動中は拘束時間ではあるが仕事に従事していない休憩時間と解釈されているためです。

 

 但し、以下の場合に限り例外的に移動時間も労働時間とみなされることになります。

 

(1)出張の移動が有価証券、機密書類等の書類やその他の物品を運搬すること自体が目的であり、それらを無事支障なく目的地に届けることが出張の目的である場合

(2)出張の移動中、要人の警護や特別な病人等の看護の職務に従事する等移動中においても果たすべき目的がある場合

 

出張には、時間的制約や移動に伴う負担が発生することも事実ですので、多くの会社では出張手当や日当という形で負担の対価を支払っているのが実情です。

 

社員のモチベーションが低下しないように、あなたの会社に合った方法でルールを決めて下さい。

 

Copyright© 2012 志戸岡社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.