Q,入院時の差額ベッド代は過払い(払いすぎ!)の可能性があるってホント?

A,本当です。中には病院が間違って請求しているケースもありますので、注意する必要があります。

 

差額ベッド代とは、入院時に患者の希望で通常よりも上質・快適な部屋で入院する場合に発生する費用のことです。

広くてきれいな部屋だから多少高くてもしょうがないか・・・と、思う方もいらっしゃるかもしれません。これが、多少高い・・・ぐらいであれば問題ではありません。

問題はこの差額ベッド代は“保険外診療”であることです。

これはつまり、病院側が自由に値段を設定できることを意味しています。

事実、1日数千円という良心的な価格から、数万・数十万といった超高額なセレブなベッド代までが幅広く設定されているようです。

ここで、健康保険の心強い制度である「高額療養費制度」を思い出してみましょう。

高額療養費制度は非常に高額な医療費が発生した場合に、限度額(一般家庭では月約8万円)を超えた分はバックされる制度です。

この高額療養費制度は非常に活用のしがいのある制度なのですが、対象となる費用に“差額ベッド代”は含まれておりません! よって、何らかの手術を保険適用で受けて手術費自体の負担は少なくすんでも、差額ベッド代のせいで非常に高額の医療費を負担することも考えられます。

 

また、差額ベッド代を請求するには病院側に以下の要件が定められています。

 医療機関は差額ベッド(特別室)の設備や構造、料金などについて説明し、料金などを明示した同意書に患者の署名が必要であること

 医療機関が料金を請求できるのは、患者側の希望がある場合に限ること

 救急患者や手術後など、治療上の必要から特別室へ入った場合は料金を請求できないこと

 受付窓口や待合室など医療機関内の見やすい場所に、差額ベッドの数や料金を掲示すること

 抗がん剤などの使用で免疫力が著しく低下し、感染症を起こす可能性がある患者などは治療上の必要がある患者で請求できないこと

 

あくまで、どこでどのような医療をうけるかは自己判断です。

入院時にはしっかりと差額ベッド代の費用と内容を確認し、納得の上でサインしましょう。

病院経営も苦しい時代です。中には、請求してはいけないケースでも請求する病院もあるといわれています。 もし仮にそんな同意書にサインした覚えがないのに、差額ベッド代を請求された!という場合には・・・医療費の過払いかもしれませんので、最寄りの専門家・機関へ相談された方がいいでしょう。

 

Copyright© 2012 志戸岡社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.