Q,退職後は健康保険の任意継続?国民健康保険加入?どっちが得なの?

 

A,完全にケース・バイ・ケースで人によって違います。保険料も比較しながらどちらがいいか見極める必要があります。

 

社会保険は個人事業主以外の法人は強制加入となっていますが、会社を辞めた社員は退職した後に一定の条件を満たすことで2年間継続して今までの健康保険に加入することができます。

その一定の条件とは、退職日の翌日から20日以内に手続きを行うこと、退職以前に2ヶ月以上継続して健康保険に加入していたことが必要になります。

在職時との大きな相違点として、在職時には会社と折半であった保険料の負担が100%自己負担となります。つまり、毎月の保険料が単純に2倍になってしまいます。

 これに対し、市区町村が主体となって運営している国民健康保険に加入するという手段もありますが、どちらが社員にとってメリットがあるかは以下の保険料算出方法の仕組みにより個別に試算する必要があります。

 

 1、任意継続被保険者の保険料の算出方法

 退職時の標準報酬月額×保険料率により算出するのですが、全国健康保険協会の場合ここでの標準報酬には28万円という上限があります。つまり退職時に高額所得であった方は上限により保険料の計算上等級がさがることになります。

しかし、各健康保険組合の場合この上限となる等級、そして保険料率が違ってくるため注意が必要です。

 

2、国民健康保険の保険料算出方法

 原則としては前年の所得に応じて保険料が決定されるのですがその算出方法が各市区町村によって様々であり、極端にいえば前年の収入が同じであっても住む場所によって保険料はかなり違うことになります。

 退職時に従業員から相談を受けた場合には、どちらがいい、と断言はせずにどちらの金額も算出したあとに選んで頂くことが肝要となります。

 

Copyright© 2012 志戸岡社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.