Q,間違えて国民健康保険の保険証を病院で使ってしまった場合はどうなる?

 

A,一旦全額を支払い、後で保険給付分の費用をキャッシュバックしてもらう療養費と呼ばれる制度を利用します。

 

会社に入社すると、健康保険の手続きを会社にやってもらうことになりますが、手元に健康保険証が届くまでには多少のタイムラグが発生してしまいます。

そのため、ついこの期間に病院にいくと、入社する前に使っていた「国民健康保険」の保険証を使ってしまうことがあります。

しかしこの場合では、入社日以降(入社日=健康保険加入日である場合)は国民健康保険ではなく、会社が加入する健康保険を使わなくてはいけません。

 

このような、うっかり間違ってしまった場合には健康保険の『療養費』という手続きを行います。

 

 窓口で3割負担をしていた場合を例にすると、まず住所地管轄の市区町村から国民健康保険での残りの7割の請求書が届きますので、一旦支払います(領収書は保管しておいて下さい)。※一時的に10割負担となります。

 

 その後レセプト(診療報酬明細書)が送付されてきますので領収書とレセプトを添付し療養費の請求を行うことで後日、健康保険より7割の範囲内において返金が行われます。

 

ここで、重要な注意点が一点。

レセプトは開封してはいけませんよ!!

 

そのまま申請書に添付し、手続きを行うことになります。

Copyright© 2012 志戸岡社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.